Capybarawater’s diary

何事にも華麗奔放をモットーに生きるカピバラの日々…

主に趣味のブログとなります! アクアリウムを中心に、日々の生活を記録していきたいと思ってます

サンスベリアが増えた!

こんにちは、カピタです!

 

最近、手が乾燥してビニール袋の口が開けられなくなってきたことに、年を取ったなぁと感じます。

昔はおばぁに頼まれて開けてあげてたほどに潤っていたのに…笑

 

さて今回は、最近増えたサンスベリア三種を自慢していきたいと思います。

 

f:id:Capybarawater:20170417191504j:plain

 

左から順に

 

ボンサレンシス

扇状に広がる変わった形のサンスベリア

成長すると、棒状の葉が増えて手の平を広げたようになります。

縞模様も丁度人の指に入る皺のようで、ちょっとキモカワ感。

でもこれの成長した姿は、キモいだけでなく神的な雰囲気も感じます。とりわけ仏教的な何か。

ちなみに僕は無宗教です。

 

シルバーハニー

よく見る(シルバーハニーの後ろにもある)サンスベリアの葉形ではありますが、淡い色合いに黄色い縁取りが可愛らしい品種。

最近よく見られるようになりました。

空気を浄化するという事が推しらしいですが、はっきり言って部屋にぽつねんとこれが一個置いてあっても浄化が出来ているかというと、う~んといった感じ。

だったら空気清浄器を買おう。やっぱり観葉は目で見て心で感じて癒されるためのものだと思う。

空気を綺麗にしますよーっていう、家電的売り文句はあんまり好きではない笑

むしろ、空気を浄化なんて他のどの植物でも行っている事、多少の程度はあれど、出来て当たり前なのである。

 

ファーンウッド

ボンサレンシスに負けず劣らずの太い葉を持ちつつ、扇状ではなく不規則にうねりを持ちながら伸びた姿は、一味違った面白さがあります。

群生していると、地獄に生えた剣山みたいな植物を彷彿とさせます。

落ちてきた者を串刺しにしてしまいそうな威圧を感じます笑

こういうの好きですけどね。

 

ちなみに真ん中のシルバーハニー以外の二種は

サンスベリア以下の品種名の表記が無かったのでネットで調べた推測です!笑

 

サンスベリア自体は昔から観葉植物としての流通がかなり多い品種ですが

実は種数が多く、出回っているのはごく一部の品種でした。

それが最近の観葉植物ブームと言いましょうか、火付け役は多肉植物らしいですが

変わった形の観葉植物をSNSに載せて仲間同士で楽しむ方が増えているらしいです。

それに伴って他の観葉植物も、一般的だった品種から更に深く掘り込んで

今まであまり注目されてこなかった(マニア向けだった)珍しい品種も多く仕入れるようになってきたようです。

 

その辺はまぁ、良い動きだとは思うんですが

あくまで見た目が重視で、おそらく品種名まで気にするユーザーが少ないのでしょう

殆どのサンスベリアには「サンスベリア」としか表記されず、その後に続く種小名等は省かれてしまっています。

これはサンスベリアに限った話ではなく、僕の好きなカラテアなんかもそうですね

元々好きでそういったモノを扱っているお店なんかだとしっかり品種表記してくれてますが

ホームセンターなど、世俗的に扱う事を強制されている店舗なんかだと表記はあいまいになります。

それで満足しろという事なんでしょうが、お断りです笑

そんな時は、ネットや図鑑などでボクは種の同定をするんですが

なかなかぴったんこカンカンにならない時はすごくモヤっとします。

今回のは、比較的すぐに検索に引っかかったのでよかったです。

 

さらにもう一つ、サンスベリアで凄く欲しい品種があるんですが

流通量も少なく、なかなか気に入った株にお目にかからないし、高いしで手が出せないでいます。

手に入れたらここに自慢しに来るので、楽しみに待っていてください笑

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村