Capybarawater’s diary

何事にも華麗奔放をモットーに生きるカピバラの日々…

主に趣味のブログとなります! アクアリウムを中心に、日々の生活を記録していきたいと思ってます

CO2拡散器をグレードアップしてみた

こんにちは、カピタです!

 

CO2の添加を始めた60㎝水槽ですが、順調に順調を重ねるかの如く調子がいいです。

 

f:id:Capybarawater:20171111003106j:plain

 

ウィローモスも気泡を出し成長が早まっています。

 

f:id:Capybarawater:20171111003147j:plain

 

黒ひげもほら、光合成

…いやいやいやいや勘弁してくれ(´・∀・)ノシ

 

f:id:Capybarawater:20171111003234j:plain

 

実際はなかなかしつこかった流木についた黒ひげも、徐々に減って来ているのでうまくバランス取れてきているのかと思います。

 

さてさてさてさて、先日のCO2添加開始からあまり時間が経っていないのですが、これは良さそうだってものを見つけたので早速試してみることにします。

 

f:id:Capybarawater:20171111000112j:plain

 

カミハタさんから販売されているサーフェーススキマーなのですが、なんとこちらCO2の拡散機能もあるのでございますご主人様。

 

f:id:Capybarawater:20171111000238j:plain

 

通常の拡散筒は、ただ上に向かってCO2は上がっていきますよね。

ですがこの子はこのように給水口から水流とともにCO2を飛ばして水中に長時間漂わせることで、より効率よく添加が出来るというお利口さん。

 

f:id:Capybarawater:20171111002047j:plain

 

さらに!CO2が水流に乗りながらやっとのことで水面付近に近づいてきたところに、今度は2232の給水口を向けることで、水面から逃げようとするCO2を再び水流に乗せ底層付近まで引きずり込みます。これぞ鬼畜の所業。

CO2は、水中に存在すればするほど水中に溶け込みます。

つまり、同じ添加量でもただ上に向かうのと長時間水中を漂うのとでは2~3倍もの効果の違いがあるわけなのです。

 

似たような効果を持つ商品に、外部フィルターの給水ホースにCO2用チューブを接続できるCO2ミキサーというものもあるのですが、今回は油膜もとれるこちらを選びました。

 

どちらも効率よくCO2を添加できる点では、ほぼ同率の効果を得るはずなのでその時の目的に合ったものを選べばいいと思います。

さ、これでさらに水草たちの成長が早まることを期待して。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村

冬支度とようやく復活CO2添加

こんにちは、カピタです

 

f:id:Capybarawater:20171110231722j:plain

 

 11月に入り、いよいよ寒さも本格的に牙をむき始める季節となってきましたね。

温かい間は邪魔っ気だったのでヒーター外していたのですが、そろそろ厳しいかなという事で設置しました。

 

f:id:Capybarawater:20171110231403j:plain

 

60㎝で使おうと思っていたヒーターが古かったせいか割れており、それに気づかず電源を入れた時はひやりとしました。急に管から空気が溢れてきたんです。それでようやく割れていることに気づきました。

こんなこともあろうかとストックしておいたヒーターが役に立ちました。

カバーが付いていてうっとおしいですが、致し方ありません。魚たちが感電しなくてよかった。

 

f:id:Capybarawater:20171110231616j:plain

 

90㎝の方は故障もなく今までの物を使っていけそうです。もう予備はないので、一安心です。

 

f:id:Capybarawater:20171110232044j:plain

 

60㎝の話題に戻りますが、ようやくこいつを使うときが来ました。

 

f:id:Capybarawater:20171110232535j:plain

 

CO2セット、しかも電磁弁付き。

久々の使用だったので改めて説明書を読みながら組み立てました。

照明の力を見るために、ある程度の期間CO2を設けないで維持していましたが、やはり照明だけでは色々と不具合が生じてしまっていました。

おそらく頻繁に換水を行っていればまた違った結果が得られたのかと思いますが、ずぼらな僕にはそれが出来ず、結果水草の生長は著しく悪かったです。新芽が生えてこないわけではないのですが、これが遅い。遅すぎる。

これは照明が良くないということではなく、完全にボクのメンテ不足にあるので、そんな中でも水草を枯らさずに維持してくれたおにぎり君には感謝感謝です。十分に優秀と言えます。

 

f:id:Capybarawater:20171110232736j:plain

 

f:id:Capybarawater:20171110233011j:plain

 

そんなことがあり、満を持してのCO2システム設置に至りましたが、やっぱりいいですね。水草がイキイキしているのが目に見えてわかります。

一つの気泡を抱っこしたままだったキューバパールが、継続して気泡を出してくれているのですからその差は歴然ですね。

おそらく、これからは順調に育っていくと思われますので、絨毯完成もそう遠くないでしょう。

ポゴヘルの色がくすんできていたのも、復活してくれるといいな。フラミンゴも、フラミンゴっぽい色になるでしょうか。

今後に期待が高まります。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村

砂漠の薔薇~アデニウム~

こんにちは、カピタです!

 

最近、台風ばかりで嫌になりますね。

いや、正直台風そのものは結構好きなんですよボク。建物の中から眺める分には癒しとさえ思います。

ですが、この天気の中出勤しなくてはいけない事に関して言えば、嫌いです。←

 靴下にまで雨水が浸水してくるのはもちろん、強風にあおられた雨が傘をさしているにもかかわらず体中に降り注ぐのはもはや傘を差さず生きろという啓示でしょうか。

ようやく雨に当たらない建物の中に入っても、衣服がずぶ濡れなら同じことです。むしろこんな恰好ならずっと外にいた方が納得できます。

 

…さて、久々に新しい葉っぱをゲット。

 

f:id:Capybarawater:20171021162846j:plain

 

アデニウム

砂漠の薔薇と言われているこちらの葉っぱ。

花が咲くと文字通りバラのような鮮やかな花を咲かせます。らしいです。

 

このアデニウム、葉の生え方がすごく綺麗な株を選んで買ってきたのですが、数日で半分ほどの葉が枯れ落ちました。写真でも一部変色している葉があるのが分かるかと思います。

何がいけなかったのか、、、納得する材料が見つからないまま再びこれを購入したお店に出向いたら、残っていた他のアデニウムも同じように葉が落ちていました。

丸坊主になってしまった株もありました。

 

つまりはそういうロットだったという事でしょうか。

幸い、今残っている葉はこれ以上落ちる気配はないのでこれから復活させられそうです。

砂漠の薔薇と言われるだけに、やはり寒いのは弱いようなので、早めに室内に移動させることにします。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村

黒ゴム~フィカス・バーガンディ~

こんにちは、カピタです!

 

今回は、男気溢れるかっこいい葉っぱの紹介。

 

f:id:Capybarawater:20171021160850j:plain

 

「ゴムの木」

これは同名で様々な品種が出回っていますが、もちろんそれぞれに正式な学名があり、このゴムの木は ficus elastica burgundy(フィカス・エラスティカ・バーガンディ)といいます。

通称黒ゴムの木です。

最後のburgundy(バーガンディ)というのが、フランス語のBourgogne(ブルゴーニュ)から来ていて、ブルゴーニュとはフランスのブルゴーニュ地方とそこで作られるワインの通名です。

ワインレッドじゃだめなの?とお思いになる方もいるかもしれません。

ボクも思いましたが、ダメなんだそうです。←

色の濃さが若干違うらしく、ワインレッドよりも茶色味の濃いものをバーガンディと表現するらしいです。

ちなみにワイン関連の色の表現として「ボルドー」がありますが、これはさらに茶色味の強い赤だそうです。

色の世界も細かく分散されていて面倒くさいですね。笑

 

ともかくそういった素敵な葉っぱを手に入れたわけです。

なんといってもこの重圧感が溜まんないですね。

さらに、耐陰性、耐寒性にも優れており、置く場所にはそれほど困ることはないと思います。

 

株の大きさは、置いておくことにして笑

どこに置こうか、迷うのも楽しみのひとつですから。

 

f:id:Capybarawater:20171021161052j:plain

 

ちなみに新芽はこんなに鮮やかな赤です。

これが段々、バーガンディになっていくんですね。

撮影が夜の屋外で、フラッシュ焚いているせいか、写真だと葉が深緑っぽい色合いになってしまっていますが、、、。

こういった色の変化を楽しむのも醍醐味です。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村

 

意外な救世主?黒髭が消えてきた

こんにちは、カピタです!

 

立ち上げ当初から地味~に長らく黒髭で悩んでいる60㎝水槽ですが、ガラス面の茶ゴケ対策にと入れたカバクチが、青華石限定ですが黒髭を食べてくれているようです。

 

f:id:Capybarawater:20170930151922j:plain

 

明らかにカバクチが歩いた部分が分かるほどの処理力。

黒髭というと、ヤマトかサイアミーズが処理の要で、それでも無理な時は無理なのに。

これなら最初からカバクチ入れておけばよかったなぁ。

現在3匹入っていますが、他のコケ処理隊が結構入っているのでこれ以上増やすのは気が引ける。

そして流木の黒髭には見向きもしないのも少し気になります。

石に生えている方が剥がしやすいのでしょうか。

流木だと、おそらく奥まで根が深く張っているのでしょう。

 

f:id:Capybarawater:20170930152116j:plain

 

f:id:Capybarawater:20170930152301j:plain

 

f:id:Capybarawater:20170930152329j:plain

 

とするとやはり流木についた黒髭は引き続き他の処理隊に任せることになりそうです。

 

ところで、照明を換えてから追加した水草はというと、おおむね枯れる気配はないです。ヘルフェリーはボリュームアップしている気がします。

ニューラージは黒髭の影響か変化がないように感じます。枯れていない分マシですが。

一番心配していたフラミンゴも、溶けることなく徐々に新芽が増えてきています。

ただし、ピンクではなくブラウン系の葉が出てきてしまいます。

ソイルを使っていないうえに、青華石なんて使っているからきっと硬度が高いのでしょう。phもクリプトからすると高くなっているのかもしれません。

だからと言って今からソイルに変更するのは正直面倒くさい、、、。コリたちもソイルだと水草抜きそうだしなぁ。

ちょっと頭の片隅に置いておこう。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村

60㎝レイアウト 最近更新が遅れてんなぁ!ええ?おい!

すんません、マジすんません!

こんにちは、カピタです!

 

f:id:Capybarawater:20170912003746j:plain

 

例の60㎝水槽ですが、前回のレイアウトからしばらく何もしない停滞期がありました。

浮いていたミクロソリウムをなんとなく、石の間に挟んで固定はしていたんですが、本当にそれだけしかしていませんで...笑

 

それがひょんなことからこんなものを入手しました。

 

f:id:Capybarawater:20170912004226j:plain

 

「アクロ TRIANGLE LED GLOW 600」

 

調べてみると、チャーム専売のLEDらしいです。

最近、新しいものなんて全く探していなかったので、こんなものが出ていたのか~と。

しかも発売から結構経っているようで、完全に乗り遅れていることを知りました。

簡単に、スペック載せときます。

 

全光束 3000lm(1000lm×3モジュール)

色温度 7200K

演色性 93Ra

チップ 白7 赤2 青1 緑1 ×3モジュール

 

他にもこのLEDのレビューしている記事が結構あったので、僕はレビュー端折ります。GLOWと名乗るからにはそれなりに水草が育つのでしょうきっと。

 

f:id:Capybarawater:20170912004309j:plain

 

緑のチップ付きのLEDなんて初めて使います。ちょっとわくわく。

というわけでですね、水草をいくつか入れてみました。

 

f:id:Capybarawater:20170912004412j:plain

 

ニューラージパールグラス

通常のラージパールよりも、匍匐しやすいのが特徴のニュー。

植えるの面倒くさかったので、風山石のちっこいのに糸で巻きつけて埋めてます。

 

f:id:Capybarawater:20170912004449j:plain

 

ポゴステモン・ヘルフェリー

前々から育ててみたかった水草です。過去に一度使ったことがあるのですが、即行で溶けてしまって以来トラウマになっていましたがリベンジ。

 

f:id:Capybarawater:20170912004556j:plain

 

クリプト・フラミンゴ

葉がピンクになるという、麗しのクリプト。

今はまだ植えたばかりで緑だったり茶色だったりな色合いですが、これがピンクになるのか?クリプト系は怖いんで取り敢えず溶けないことのみを祈ります。笑

 f:id:Capybarawater:20170912004958j:plain

 

ジャワモス

特にジャワに固執したわけではないんですが、たまたま綺麗な流木付きタイプを見つけたのでこれにしました。

スネールがうっとおしいですが、、、

 

さて、お気づきの方も多いと思いますが、良くない傾向が。

 

f:id:Capybarawater:20170912005908j:plain

 

f:id:Capybarawater:20170912010052j:plain

 

黒髭です。

立ち上げ当初から流木についていたのですが、じわりじわりと浸食を続けこんなに増えてしまいました。

打開策として、換水の頻度増し、ヤマト、サイアミーズ投入作戦を決行。

そのおかげか現状増え続けることはなくなったようですが、まだ目に見えてガッツリ減ったともいえない状況。しばらくは一進一退の攻防戦です。

木酢使っちゃえば早いんですが…くっせぇ!じゃないですか。

しばらく匂いが残るので、この手だけは使いたくありません。

 

もう一つ、CO2を添加していないのが不安要素にはなっています。買わなきゃな~と思いつつなかなか新調できないでいます。

この照明が単体でどこまでの力を発揮してくれるかを試してみたい好奇心もあるので、添加はもうしばらく見送ろうと思っています。

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村

サンスベリア、またしても増える。

こんにちは、カピタです!

 

サンスベリアって最近結構いろんな種類が出回っているんですね。

またしても新たな品種を発見してしまったので、当然ながら買ってまいりました。

 

f:id:Capybarawater:20170708155957j:plain

 

この祭壇のどこにあるか、わかりますか?笑

 

 

 

 

パンダの左右にあります。

 

f:id:Capybarawater:20170708155200j:plain

 

ロブスタブルー

ボクの手に入れたロブスタは、葉が4方向(二対)に伸びているのですが、葉が2方向(一対)にしか伸びていない株もありました。

厳密には種類が違うのか、環境や条件による個体差なのか、はっきりとはわかりません。

ブルーキューという品種が、ボクの買ったロブスタと似た姿をしているのですが、現在でもなかなか手に入りずらい品種らしく、可能性としては低いです。

大人しくロブスタとして愛でます。

 

f:id:Capybarawater:20170708155238j:plain

 

シルバーニンファ(?)

一応そう表記されていましたが、画像検索してみると全くの別物がヒットします。笑

その過程で見つけた「S.Aethiopica blue」って言うのに近いですね。

もうちょっとウネウネ感があるとキルキーっぽいんですが…。

誰かこれは〇〇だ!って断定してくれる方いませんか!?

これは大人しくシルバーニンファとして愛でる気にはならない!

 

 でも大事に育てていくんだからね!

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 観賞魚 多種飼いへほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村